バイアグラ個人輸入の問題点

やっぱりNo,1
初めてバイアグラを使う方は、なんとなく抵抗があるのではないでしょうか。
バイアグラは、正規のED治療薬で、世界で最も知名度があります。

日本でも、実物を見たことが無くても、
恐らく名前だけは聞いたことがある人も多いと思います。

そんなバイアグラですが、日本では病院でしか手に入りません。

ちなみに海外では店頭で販売されています。
これは、日本の薬品の取扱の基準が厳しいためです。

しかし、EDは保険適用外の事象である為、
保険が効かず、医療費が高額になってしまいます。

ですが、個人輸入サイトを利用すれば、
比較的安価でバイアグラを購入することができます。

しかし、個人輸入には注意すべきことがあります。

バイアグラは副作用を伴う薬の為、
予備知識なしでの使用は危険だと言うことです。

バイアグラには血管拡張作用があります。
ですので、グレープフルーツなどの、
同じ作用のある食品と同じタイミングで摂取すると、
血管が広がり過ぎて、重篤な症状が発生する恐れがあります。

ですので、もし個人的に使用される場合は、
しっかりと効果と危険性を理解し、
問題にも対処できるようにしましょう。

もしくは、最初は病院で診断を受け、
バイアグラを処方してもらい、次回から個人輸入で購入するといいかもしれません。