治療薬の誕生と副作用

やっぱりNo,1
90年代、狭心症という病気の治療薬が開発されていました。

狭心症とは、さまざまな原因により、血液の流れが悪くなり、
心臓に酸素が送られなくなることを言い、
胸部に広く痛みを伴います。

程度は違えど、
失恋やつらいことが起きた時に胸にこみあげてくる不快感と同じものです。

そして、その狭心症の治療薬の開発中に、
偶然勃起作用があることが発見され、
バイアグラの開発にも着手したのです。

その為、バイアグラは偶然の産物とも言えます。

では何故狭心症の治療薬に勃起作用があったのでしょうか。

それは、狭心症も勃起不全も、血液が滞っているという共通点があるからです。

狭心症は、血液の流れが悪くなることで痛みを伴いますが、
ED(勃起不全)も、血流が悪くなることで、
ペニスの内部にまで血が渡らなくなり発症します。

どちらの治療薬も、血流の改善という方向性が同じだったことが、
バイアグラの開発に繋がったと言えます。

ですので、バイアグラは、狭心症治療薬同様、
頭痛、のぼせ、鼻づまりなどの副作用があります。

これは、血管が急に広がったことで起こる自然なことです。
使用者の3割が実感すると言います。

EDで悩んでいるのであれば、
世界中のEDを救ってきた、このバイアグラを試してみるといいかもしれません。